Diamond MaA





ダイヤモンドの価値は、4Cで決まります。4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことで、カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。
4Cは、専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるための基準です。
一般的に4Cでグレードが上がると、稀少性が高くなるとされていますが、価値を見比べる時に同じグレードの要素が1つあったとしても、他の3つの要素のグレードの違いによりその価格は変わってきます。
各要素とグレードを知ることは、ダイヤモンド選びには欠かせません。




「○○カラットの大きなダイヤモンド」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、カラットは、「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位です。1カラット=0.2グラムで重くなればなるほど希少価値が高くなります。
カラットは、「__ct」と表示され、1ct=0.200gで、1gは5ctとなります。
電子デジタルの天秤を用いて千分の1カラットまで正確に測定し、少数第3位を8捨9入、もしくは第3位まで表示します。
原石の大部分は1ct未満の小さなものばかりですので、大粒の原石は、とても稀少です。
カットするとさらに小さくなることも考えると、大きければ大きいほどその価値は上がっていきます。


Carat(カラット)
カラット
2.0ct
1.0ct
0.7ct
0.5ct
0.4ct
0.3ct

0.2ct

重量
0.4g
0.2g
0.14g
0.1g
0.08g
0.06g
0.04g
直径
約8.1mm
約6.0mm
約5.5mm
約5.0mm
約4.5mm
約4.0mm
約3.5mm
 
※図は実寸大ではありません。





クラリティは、「透明度」を表す基準です。キズ・欠け、内包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。包有物が多いと透明度が下がり、その分輝きを損なってしまうので、透明度が高いほど評価も高くなります。


Clarity(クラリティ)
GIA
FL
IF
VVS
VS
SI
I
1
2
1
2
1
2
1
2 3
備考 10倍の拡大で無傷
10倍の拡大で微小な表面の欠点 10倍の拡大で発見困難な欠点 10倍の拡大で発見が多少困難な欠点 10倍の拡大で発見が容易、肉眼では困難 肉眼で容易に発見できる






ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついているものがほとんどで、無色透明なものほど高く評価されます。
ダイヤモンドの色が黄色になればなる程、希少性がさがります。しかし、ある一程の黄色味を超えると、ファンシーカラーという評価がされ、他の基準でグレーディングされます。ファンシーカラーは他にも赤、ピンク、青、緑があります。


Color(カラー)
GIA
D
E F
G
H I J
K
L M
N・・・Z
備考 完全に無色透明 無色 わずかな黄色 薄い黄色・・・黄色




ダイヤモンドは、ただ格好良くカットすればいいわけではありません。カットのプロポーションや角度が良くなければ、輝きを存分に発揮することはできません。
他の3つ要素がダイヤモンドが生まれつき持つものであることに対して、カットは人の手で加えられる要素となります。
職人の技によって、そのダイヤモンドが持つ良さを引き出し、輝けるかどうかが決まります。

Cut(カット)
GIA
Excellent
VeryGood
Good
Fair
Poor
備考 最上級品
光学的に理想
理想的 良好 やや劣る 劣る


《3EX(トリプルエクセレント)とは?》
カット・対象性・研磨の状態のそれぞれがEXCELLENTの
評価を受けたダイヤモンドです。

Cut Grade=カット総合評価 ⇒ Excellent
Finish/Polish=(仕上げ項目)/研磨状態 ⇒ Excellent
Finish/Symmetry=(仕上げ項目)/対象性 ⇒ Excellent


《H&C(ハートアンドキューピッド)とは?》
ハート&キューピッドとはプロポーションとシンメトリーに 特に優れたダイヤモンドにだけあらわれる光の陰影による模様です。
専用のスコープで覗くと上部からはキューピッドの矢が、下部からはハートの模様が現れるという とてもロマンティックな現象で、この模様が見えるダイヤモンドは入ってきた光を理想的に屈折させ、 強い輝きを放ちます。